武藤祐志、清野拓巳という二人のギタリストを擁するハードコア・フュージョンバンド、NEXT ORDERの5枚目。本作を含め全てライブ盤というところにバンドの自信が感じられる。石垣篤友(ベース)と松田広士(ドラムス)のタイトなリズムセクションに支えられて、フュージョン寄りの武藤と、よりオーソドックスなジャズ奏法を披露する清野の描き出すコントラストがこのバンドの魅力と言える。冒頭のナンバーこそ、ハードエッジだが、むしろオーソドックスなインタープレイの味わいのあるプレイが強い印象を残す。特にスローパートでの各楽器の掛け合いが見事で、映像付きならさらに魅力が伝わりそうだ。(宮坂)