about NEXT ORDER

 NEXT ORDERのサウンドにおける最大の特徴は、何よりその音楽的多様性だろう。名古屋をベースに活動する武藤祐志と石垣篤友、そして大阪在住の清野拓巳と松田"GORI"広士。各メンバーのバック・グラウンドとなる音楽は、非常に多彩・多岐にわたる。ともすれば一貫性を失いがちなこの多様性をつなぎ止めているのは、リーダー武藤の宇宙的パーソナリティー。音楽的、人間的に強力な個性を持つ各メンバーが、奇跡的とも言うべきバランス感覚で融合する。それこそがNEXT ORDER・ミュージックの核心である。

 対峙する武藤と清野のギター。一見対照的なスタイルであるようでいて、ときに立ち位置を入れ替わり、創造と破壊の局面を交錯する。お互いを損なうことなく、それでいて攻撃的な冒険心を保つ距離感は、明らかに一般的な2ギターフロントとは一線を画するだろう。それを支えるベーシスト石垣の役割は大きい。拡散するサウンドを求心力を持って牽引し、それ故に最大級の起爆剤ともなる。松田のドラミングは、繊細かつ大胆に情景を演出する。リズムセクションの枠を踏み越えるようなインタープレイは、ダイナミックにバンドサウンドを別次元へと昇華させる。

 NEXT ORDERの音楽の多くの部分は、ステージ上で即興的に創造される。それはメンバーが名古屋、大阪と地理的に離れて活動していることも大きな要因かもしれないが、結成以来ライブを通してオーディエンスと音楽を共有し探求してきたバンドの基本姿勢となっている。5枚のアルバムがすべてライブ・レコーディングであることも理由なきことではない。

 いつの頃からか、メンバー間での共通認識となってきたキーワードは「永遠の高校生BAND」。それは、決してノスタルジックな意味合いではない。職業的な意識ではなく、純粋に音楽と向き合い、音楽的野望を胸に秘め全身全霊で演奏に没頭する。そんな想いを共有できることこそが、最大の奇跡かもしれない。


History
2014年
 11月 前年の神戸BIG APPLEでの六日間連続ライブレコーディングから厳選した7曲を収録した7枚目のアルバム「CHRONOSYSTEMS」発売記念ツアー

 10月 ライブペインティングアーティスト菩須彦氏と大阪門真でのアートフェスPADにて再び共演

 7月  ライブペインティングアーティスト菩須彦氏と京都でのアートフェスPADにて共演

2013年
 8月 6thアルバム「END OF THE BEGINNING」発売記念ツアー
    同時に神戸BIG APPLEで六日間連続レコーディングライブを敢行!

2012年
 8月「6thアルバムライブレコーディング」
 3月 佐藤達哉 Duo Featuring 高内春彦 (g) プラス NEXT ORDER
 
2011年
 8月「LIVE-INTENSIFIED」発売記念ツアー
 6月「LIVE-INTENSIFIED」国外先行発売
 5月 大阪高槻ジャズストリート
 4月 過去作品が GUITAR NINE ランキング週間1、2、3位独占、月間1、2、6位

2010年
 12月 佐藤達哉 Duo Featuring 高内春彦 (g) プラス NEXT ORDERツアー
 10月 大阪吹田ジャズゴスペルフェスティバル
 8月 第5作目ライブレコーディングツアー
 6月 アルクシアターミュージカル「MERMAID AT DUNE」に参加 @クラブクアトロ名古屋、大阪
 5月 PORTA CHIUSA(ヨーロッパ)と競演
 5月 大阪高槻ジャズストリート
 4月 滋賀びわ湖ジャズフェスティバル in 東近江

2009年
 8月ライブレコーディング第4作目「LIVE-REFINED」発売記念ツアー
 5月 大阪高槻ジャズストリート

2008年
 10月 @黒沢快WARR GUITAR 黒沢豪CLASSIC GUITAR(アメリカ)と共演
 6月 NEXT ORDER meets Yasu Sugiyama & 佐藤達哉ツアー
 5月 大阪高槻ジャズストリート
 1月 LIVE-ROARING COLORSアメリカ盤発売記念ツアー

2007年
 ライブレコーディング第3作目「LIVE-ROARING COLORS」発表

2006年
 10月 Uz Jsme Doma(チェコ)と競演

2005年
 12月 TSUKI(ヨーロッパ)と共演
 8月 ライブレコーディング第2作目「LIVE-POWERED NEXUS」発表
   LOLO RECORDSから国外販売スタート
   GUITAR NINEランキング2位
 5月 AFRICAN EXPRESS TRIO(フランス)と競演

2004年
 9月 GONGZILLA(アメリカ)と競演
   LOLO RECORDSと国外販売、プロモーション契約を結ぶ

2003年
 8月 ライブレコーディング第1作目「LIVE-2003」発表

2002年
 12月 TRIBAL TECH(アメリカ)と競演
 8月 NEXT ORDER結成